むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えの症状・原因によくある症状

  • 夏でも手足が
    冷える

  • 立ち仕事で足の
    むくみがひどい

  • 身体が冷えて
    寝付けない

  • 顔がむくんで
    大きくなって
    しまう

むくみや冷えの解消で他の不調も予防しましょう

むくみや冷えはどちらも身体のめぐりが悪くなることで起こる症状です。

 

つまり、むくみや冷えが起こる身体の状態は
他の症状を引き起こしてしまう可能性の高い状態とも言えます。

 

むくみや冷えを解消することで、他の症状も事前に予防してしまいましょう。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみや冷えは日常生活からきています

むくみや冷えはそれぞれがそれぞれの原因にもなり得る症状です。
毎日の生活の積み重ねにより起こることが多いため、まずは何が原因になっているのかをみていきましょう。

 

【むくみの原因】

 

むくみは医学的には「浮腫」と呼ばれ、体内の水分のバランスが崩れて細胞と細胞の間の水が異常に増加した状態のことを言います。

 

●姿勢のゆがみ

悪い姿勢や長時間同じ姿勢でいると筋肉が緊張して硬くなり血流が悪くなるため、流れの滞った血管から水分が浸み出しむくみに繋がります。

姿勢の悪い方は身体のバランスが崩れていることが多く、筋肉が上手く使えていないことがあります。

すると筋肉のポンプ機能が働かないため血液循環が悪くなる傾向があります。

また、エコノミー症候群は長時間同じ姿勢で座っていることが原因で血流が悪化し、血のかたまりができてしまうことでむくみが起こります。

 

●筋力低下

筋力が低下すると筋肉のポンプ機能が弱まるため、血液がスムーズに流れなくなってしまい血液循環の悪化に繋がります。

 

●水分の不足、または過剰摂取

水分が不足していると、身体は水分を溜め込もうとしてしまうため代謝が滞ってしまいます。
逆に水分を過剰に摂取すると余分な水分が血管外に浸み出してしまいむくみになります。

 

●病気が原因の場合

病気が原因でむくみが起こることもあります。

腎機能障害・・・腎臓の機能が低下することで水分の排出が滞ってしまいます。

下肢静脈瘤・・・静脈の血液が逆流してたまってしまい、むくみがみられることがあります。

リンパ浮腫・・・リンパの流れが滞り、リンパ液がたまってむくみに繋がります。

 

【冷えの原因】

 

血行不良により毛細血管に温かい血液が流れないため、外気に関わらず手足や身体が冷えてしまうことを「冷え」と言います。

 

・日常生活でのくせ

日常的に薄着でいたりクーラーに当たり過ぎているなどで身体を冷やしてしまうと直接的に冷えに繋がってしまいます。
身体を締め付けるような服装も血流の悪化を招く恐れがあります。
また、運動不足や食事制限によるダイエットをしている場合、筋肉の量が少ないため体内で熱を生み出す力が低いことがあり、冷えのリスクが高まります。

 

・食事

冷たい食べ物や飲み物は身体を内部から冷やしてしまいます。
また、食生活の乱れによりビタミンミネラルなどの栄養素が不足してしまうと血液循環が悪くなるため冷えを引き起こすことがあります。

 

・ストレス

過度なストレスにより自律神経のバランスが乱れてしまうと、体温調節をする機能が上手く働かなくなってしまい冷えを起こすことがあります。

むくみや冷えは日常生活の中で対処・予防しましょう

むくみや冷えは身近なことが原因だということがわかりました。
これらの対処や予防をするためにはどのようなことを日常生活に組み込んでいくとよいかをご紹介していきます。

 

【むくみの対処・予防法】

 

●対処法

 

・マッサージを行う
筋肉の緊張をほぐして血行を促進することで水分の排出も進みます。

 

・湯船に浸かる
身体を温めることは血行の促進に繋がり、さらに身体にかかる水圧にはマッサージ効果があるためむくみの解消に繋がります。

 

・カリウムを摂る
体内の塩分濃度が高くなると身体は水分を溜め込んでしまいます。
カリウムには塩分を体外に排出する働きがあるため、むくみの解消に効果的だと言われています。

 

●予防法

・塩分やアルコールを摂りすぎないようにする
塩分を摂りすぎると身体は水分を溜め込み、アルコールは分解に大量の水分を必要とするためやはり身体は水分を溜め込もうとします。
塩分やアルコールを控えめにすることでむくみの予防に繋がります。

 

・むくみ予防グッズを使う
着圧」などのつけているだけでむくみ予防になるグッズを使うことも効果的です。

 

・こまめに身体を動かす
長時間同じ姿勢でいることはむくみに繋がってしまうため、こまめに身体を動かすようにしましょう。
簡単なストレッチなどを行えるとよいでしょう。

 

【冷えの対処・予防法】

 

●対処法

 

・食事に気を付ける
なるべく体温より温かいものを摂るようにしましょう。
また、身体を温めると言われてる生姜根菜類を積極的に摂りましょう。

 

・湯船に浸かる
身体が冷えている場合はゆっくり湯船に浸かり、芯から温めることがおすすめです。
半身浴ではなく、全身しっかり浸かって温まるようにしましょう。

 

・有酸素運動をする
有酸素運動をすることで血行が促進され、温かい血液が身体中に行き渡りやすくなります。
また、有酸素運動には血管を新しく作ったり伸ばしたりする効果もあると言われており、予防の観点からも効果的です。

 

●予防法

 

・筋肉をつける
筋肉には体内で熱を作る働きがあるため、筋肉をつけることで冷えの解消に効果が期待できます。
筋肉は冷えにくく脂肪は冷えやすいため、運動で脂肪を落とし筋肉をつけることが効果的です。

 

・衣類で身体を温める
薄着をやめ、しっかり保温できる衣服を身に着けるようにしましょう。
手首や足首など「」とつく部分を温めることがおすすめです。

 

・自律神経を整える
自律神経が乱れると体温調節機能が上手く作用しなくなり、冷えを招く恐れがあります。
ストレスを解消し、規則正しい生活を送ることで自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

 

 

ジェッツ市川整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

むくみや冷えは心拍出量の低下や血管が細くなることで血流が低下して引き起こされます。
また、その原因は筋量の低下にあります。

当院では、むくみに対して二重のアプローチを行います。
1つは、問題の起きている患部に対して血流量アップを図るDPLの実施です。
これは全身の血流を促進することができるメニューです。

2つ目はトレーニング指導です。
冷えやむくみが起きている部位の筋肉を中心に簡単な体操から始めるトレーニングメニューを作成し、実際に取り組んでもらうことで、当該部位の筋量アップを図り、原因を取り除きます。

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。
経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。
内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

 

■テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。
テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。
張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

 

■骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。
骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

EHDはEye Head Drainage(目と頭の排膿)の略称で、目の周辺のツボを刺激して眼精疲労を緩和させたり、頭から首にかけてのリンパ流しをすることで頭痛・肩こりの軽減を目指すメニューです。
まずはお腹を温めて首を冷やし、目の周りは温めることで血流をコントロールして自律神経を整えた後に施術を行うため、リラックスしやすく心地よい施術メニューとなります。
術後は目の周りがすっきりとして周りの景色が鮮やかに感じられると言われています。

 

【DPL】

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。
エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

 

■産後矯正

産後に骨盤が広がったままで放置してしまうと、服のサイズが戻らなくなったり、骨盤のゆがみから起こる身体の不安定さにより腰痛に悩まされやすくなります。
当院では骨盤を引き締める矯正と、骨盤を安定させるために必要な筋肉の筋力アップのパーソナルトレーニングを実施することにより、骨盤を産前の位置に戻すお手伝いをいたします。
産後1〜2ヶ月後から矯正を受けていただけます。

 

■自律神経調整

自律神経が乱れていると、頭痛や身体のだるさなどに悩まされやすくなります。
当院では、内臓、指先のツボ、頸部へのアプローチを実施することにより、自律神経のバランスを整えて症状を緩和させるお手伝いをいたします。

 

■猫背矯正

一言で猫背と言っても、猫背の原因は身体のいたる箇所に潜んでいます。
背中の筋力低下や大胸筋などの筋緊張、骨盤の後傾のために腰椎が後弯、インナーマッスルの筋力低下…とたくさんの原因があります。
当院では、最初に全身の不具合を検査することで猫背の原因を全て洗い出し、一つひとつ解決していくことで正しい姿勢へと矯正していきます。

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中