スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • ダッシュしたら
    肉離れを
    起こした

  • 同じ部位に捻挫
    を繰り返して
    しまう

  • 練習のしすぎで
    肩を痛めた

  • 相手選手と衝突
    して打撲した

スポーツのケガは放置厳禁です

スポーツ中のケガは、どんなに気を付けていても完全に避けることは難しいものです。

 

軽く考えて放置することで悪化したり長引いたりする上、
同じ部位のケガがくせになってしまうと将来病気に繋がってしまうこともあります。

 

避けきれないものだからこそ、
いざという時にどうしたら良いのか知っておき楽しくスポーツをしましょう。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の違い

スポーツによって起こるケガは「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の2つに分けられます。
それぞれのケガについてご紹介していきます。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ中に明らかな外力によって組織が損傷してしまうことを「スポーツ外傷」といい、主に次のようなケガを指します。

 

●打撲・骨折・脱臼

外部からの強い衝撃によって、筋繊維や血管などの軟部組織が損傷してしまうと「打撲」、骨が折れたりひびが入ってしまうと「骨折」、関節の骨が離れてしまった状態を「脱臼」と呼びます。

 

●創傷

身体の表面に損傷をきたした状態を言います。擦り傷・切り傷・刺し傷などをまとめて創傷と呼びます。

 

●捻挫・腱断裂

関節を不自然な形に捻ってしまうことで関節の靱帯や腱、軟骨などが損傷することを捻挫と言います。
筋肉と骨を結び付けている腱が断裂すると腱断裂になります。

 

●肉離れ
筋肉が強く収縮したり、過度に伸びたことによって断裂してしまうことを言います。

 

●神経損傷・血管損傷
打撲や創傷などのケガに伴って、神経や血管を損傷してしまうことがあります。

 

【スポーツ外傷の原因】

 

スポーツ中に転倒や衝突をすることでケガが起こります。
特にコンタクトスポーツでは人と人とがぶつかってケガをしてしまうことも多くみられます。
スポーツ外傷と言いますが、日常生活内で転倒や衝突をしても同じケガをする可能性があります。

また、ウォーミングアップが不足していたり、普段運動不足で筋肉や関節の柔軟性が低下している状態でスポーツを行うとスポーツ外傷を起こすリスクが高くなってしまいます。
中高年の方が若い時と同じパフォーマンスをしようとして捻挫や肉離れを起こしてしまうケースもよくみられます。
逆にまだ骨格や関節が完成しきっていない子どもの場合は、骨や関節が柔らかく、骨折脱臼を起こしやすいと言われてい

ます。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツによって関節・靭帯・腱・骨などに繰り返し負荷が加わることで起きる障害を「スポーツ障害」と言います。
オスグット病・シンスプリント・疲労骨折・野球肩・野球肘・テニス肘などは全てスポーツ障害に含まれます。

 

【スポーツ障害の原因】

 

●オーバーユース(overuse)

微小な損傷を繰り返すことによって、筋肉や腱・骨・靭帯などに徐々に機能障害を起こしてしまうことがあります。

 

●ミスユース(misuse)

誤ったフォームでスポーツをすることで起こります。
フォームが間違っているため余分な部分に負荷がかかり、その部分に障害が起きることがあります。

 

●ディスユース(disuse)

急に運動を開始することで身体に負荷がかかることを言います。
準備が整っておらず、身体が動きについていくことができずに障害が起こることがあります。

ケガに負けない身体づくりをしましょう

スポーツによるケガを避けることは難しいですが、できるだけケガに繋がらない身体づくりをしておくことは重要なことです。
また、ケガが起こってしまった際には早急に適切な対処を行い、少しでも早く万全の状態でスポーツができるよう努めましょう。

 

【スポーツのケガの対策】

 

●種目に合わせたトレーニングを行う

自分が行っているスポーツの種目に合わせたトレーニングを行いましょう。
正しいフォームを身に着けることはもちろん、種目によってよく使う部位を重点的に鍛えたり、身体の片側ばかり使ってしまう種目の場合はトレーニングで反対側を鍛えることでバランスを整えたりしましょう。

 

●ウォーミングアップとクールダウンを欠かさない

ウォーミングアップをすることで体温が運動に適した温度になり、血液が循環することで筋肉の柔軟性が上がります。
身体が冷えて硬まっているとケガに繋がってしまうため、ウォーミングアップはケガの予防には欠かせません。
運動後にはクールダウンをすることで筋肉に溜まった疲労を軽減させる効果が期待できます。

 

【スポーツのケガの対処法】

 

●応急処置

スポーツ中にケガを負った場合、すぐにRICE処置を施します。

R:Rest(安静)
安全な場所に移動し、無理に動かしたりせず患部を安静に保ち炎症が広がらないようにします。

I:Icing(冷却)
痛みや内出血の軽減のため、保冷剤や氷水をビニールに入れタオルで巻いたものを使って冷やします。
15~20分程痛みを感じなくなるまで冷やし、その後また痛みが出始めたら冷やすことを繰り返します。

C:Compression(圧迫)
内出血や腫れを抑制するため、患部とその周辺を弾性包帯などで巻きながら圧迫します。

E:Elevation(挙上)
腫れの緩和のため、患部を心臓より高く挙げます。台やクッションなどを利用して高い位置で固定できるようにしましょう。

 

●テーピング

スポーツによるケガに対して、テーピングはさまざまな効果が期待できます。

 

・応急処置
患部を安静に保つための固定や患部とその周辺の圧迫に使用することができます。

 

・可動域の制限
テーピングをすることで関節の可動域の制限ができます。
咄嗟に動かしてしまうことのある部位の場合、可動域の制限をすることで症状の悪化や痛みの発生を抑える効果が期待できます。

 

・慢性的なスポーツ障害のサポート
スポーツ障害などの慢性的な痛みに対してテーピングを施すことで、筋肉の伸縮を助けて痛みの緩和や疲労の回復の促進に繋がることがあります。

ジェッツ市川整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院では、スポーツによって発生したケガに対してまず、応急処置を行います。
そして、ケガをした状況のヒアリングと患部及び全身の状態を検査することで、損傷状態を確認しケガの特定をしていきます。
骨折や脱臼、捻挫の疑いが高いようであれば関節を正しい位置に戻すために整復を行います。 その後にRICE処置をして、患部の固定を行います。
また、当院では必ず患者さんの希望をヒアリングし「ゴール設定」を行っています。
いつの大会までに動けるようになりたい」 「時間はかかっていいから練習を休みたくない」 など患者さんの希望をお伺いしてどれだけの期間にどれだけの頻度で通院していただきたいのかをお話しします。
また、受傷後生活の中で気をつけてほしいこと、患者さん自身が回復に向けて頑張らなければならないことをについてもお話し、患者さんと共に一丸となってケガの回復を目指します。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。
経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。
内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

 

■テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。
テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。
張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

 

■骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。
骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

EHDはEye Head Drainage(目と頭の排膿)の略称で、目の周辺のツボを刺激して眼精疲労を緩和させたり、頭から首にかけてのリンパ流しをすることで頭痛・肩こりの軽減を目指すメニューです。
まずはお腹を温めて首を冷やし、目の周りは温めることで血流をコントロールして自律神経を整えた後に施術を行うため、リラックスしやすく心地よい施術メニューとなります。
術後は目の周りがすっきりとして周りの景色が鮮やかに感じられると言われています。

 

【DPL】

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。
エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中