膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 膝が痛くて
    長時間歩けない

  • 正座をすること
    が難しい

  • 膝に力が
    入りにくい

  • 歩き始めに膝に
    違和感がある

自分の膝の痛みの原因を知りましょう

膝は身体の中でもっとも大きな関節で、そのためかかる負荷も大きい部位となっています。


加齢によって筋力が低下したり関節が変形することで起こることが多く、
主に高齢者の方に多い症状です。
また、膝を酷使することでも起こることがあるため、スポーツをしている学生の方にも多くみられます。


自分の膝の痛みがどういった原因で起きているのかを知り、それに合わせた対策をとりましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みの原因は多岐に渡ります

膝関節は3つの骨と、骨を繋いで膝を安定させる靭帯・衝撃を吸収する半月板・関節の動きを滑らかにする軟骨が組み合わさってできています。
膝は歩く時には体重の2倍、階段昇降では4倍もの重みを支え、衝撃を吸収し、筋肉の力を伝えるという役割をしています。
そのおかげで私たちは歩いたり走ったり、立ったり座ったりなどの動作を無意識に行うことができます。

 

【膝の痛みの原因】

 

膝の痛みに悩まれている方は沢山いらっしゃいますが、その原因は多岐に渡り、年齢や性別によっても異なります。
大きく「病気やケガによる場合」と「それ以外の原因」についてご紹介します。

 

●病気やケガの場合

膝関節の病気やケガをしてしまうことで、痛みが出たり関節が上手く動かせなくなってしまうことがあります。

 

・変形性膝関節症
加齢などが原因でクッションの役割をしている関節軟骨がすり減ってしまう病気です。
炎症が起きたり関節が変形したりすることで痛みや腫れが生じます。

 

・関節リウマチ
関節が炎症を起こして軟骨や骨が破壊されることで関節が変形してしまい、正常に機能しなくなってしまう病気です。

 

・半月板損傷
外部からの衝撃により半月板が損傷することで痛みが生じ、膝の曲げ伸ばしが不自由になってしまうことがあります。
バスケットボールなどのスポーツ中によくみられるケガで、くせになると将来変形性膝関節症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

・膝関節靭帯損傷
強い衝撃により膝の靭帯が損傷することで痛みや腫れが出たり、可動制限が発生したりするケガです。

 

●それ以外の場合

病気やケガ以外の場合、膝の痛みは膝への過負荷から、関節を構成している部位が損傷したり炎症を起こしてしまい発生することがあります。
次のようなことで膝に大きな負荷をかけてしまいます。

・普段の姿勢(不良姿勢)

・スポーツによるオーバーユース

・肥満

・筋肉量の低下

・関節の動きが悪い

膝の痛みには原因に合わせたケアが大切です

自分の膝の痛みの原因がわかったら、原因に合わせた対処をしましょう。
膝の痛みは放っておくことで痛みが慢性化したり症状が進行して日常生活に支障をきたしてしまうことも多いです。
しっかりケアするようにしましょう。

 

【膝の痛みの対処法】

 

●安静にさせる場合

 

・ケガの初期
半月板損傷膝関節靭帯損傷などのケガの場合、動かしてしまうことで症状が悪化することがあります。

できれば固定などをして動かないようにし、ひどく痛む場合は患部を冷やしてあげることで痛みの緩和が期待できます。

 

・オーバーユースの場合
膝を使いすぎて痛めている場合はしっかりケアをして回復させましょう。
長い期間安静にすることはありませんが、自分の身体や体調をしっかり考えた使い方をしていく必要があります。

 

●動かした方が良い場合

 

・ケガが落ち着いた後
ケガの痛みが引いて落ち着いてきたら、少しずつ動かしていくようにしましょう。
痛みがある期間安静にしていたことで、筋力が落ちたり筋肉や関節が硬くなってしまっているため、元の状態に戻すため動かしていくことが大切です。

 

・病気の場合
変形性膝関節症の場合は膝にかかる負担を軽減するため、膝周りの筋肉を鍛えて関節を安定させることが重要です。
関節リウマチの場合もケガと同様、動かさないことで筋力や関節の機能の低下が起こってしまうため、無理のない範囲でストレッチなどを行い機能の維持に努めましょう。

 

・肥満の場合
体重の重さが膝の大きな負担になっている場合はしっかり運動をして減量しましょう。

 

【膝の痛みの対策】

 

●筋力と柔軟性をアップさせる

膝周りの筋力がアップすると、支える力が強くなり膝への負担が軽減します。
ウォーキングなどの有酸素運動は変形性膝関節症の方にもおすすめとされています。

また、筋肉や関節の柔軟性も重要です。
膝がしっかり伸びなくなると負担の大きい歩き方になってしまう傾向があるため、ストレッチも欠かさず行うようにしましょう。

 

●不良姿勢の改善

よくない姿勢がくせになっていると、常に膝への負担が大きい状態になってしまいます。
左右どちらかに重心が偏っておらず、足が真っ直ぐに伸び、骨盤がしっかり立った姿勢を意識して生活しましょう。

ジェッツ市川整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みにはさまざまな種類があります。
当院ではまず、ヒアリングと検査を行うことで、「痛みが骨で起きているものなのか」「筋・腱・靭帯・その他の軟部組織で起きているものなのか」を見極めます。
そして、症状に合わせた処置を実施して痛みの軽減を目指します。

変形性膝関節症の場合は、膝関節に不可逆な変形が起こってしまっているので、「元に戻す施術」ではなく痛みを抑制して歩き回ることができる身体づくりに重きを置いたトレーニングなどを実施していきます。
また、手術の必要性などを鑑み、専門の医療機関へご紹介する場合もあります。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。
経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。
内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

 

■テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。
テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。
張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

 

■骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。
骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。
エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

 

■カッピング

カッピングを実施することで、筋肉の柔軟性を取り戻し、循環改善による代謝アップも見込めます。
プラスチックのカッピング容器を患部に当てて、真空ポンプでカップ内の空気を抜き、筋肉を内から外へと吸い出します。
その際に毛細血管から出血を伴うため、しばらくの間(2日~10日程度)あざのような痕が残りますが、その色を確認することで血流の滞り具合を確認することができます。
急激に循環が変化すると脱水症状に似た症状も起きやすくなりますので、施術後はたくさん水を飲んでください。

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中