股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 長い時間
    立っていること
    がつらい

  • 歩く時に
    股関節に
    痛みがある

  • 足の付け根が
    痛くて正座が
    できない

  • おしりや膝にも
    痛みが出る

股関節痛は加齢以外の原因でも起こります

股関節痛と言うと、加齢によって起こるものと言うイメージが大きいかと思います。


もちろん中高年の方の発症は多いのですが、実は若い方にも起こることがある症状です。
特にサッカーやマラソンなどのスポーツをされている方は
股関節を酷使してしまっている可能性があります。


股関節に痛みが出て日常生活に支障をきたしてしまう前に対策を考えましょう。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節痛はなぜ起こるのでしょうか

股関節は体重を支えて安定させてくれる、身体の中で最も大きな関節です。
そのため、この股関節に不調が出ることで全身に影響を及ぼして日常生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。

 

【股関節の役割】

 

股関節は、骨盤の寛骨臼と呼ばれる部分と大腿骨の先端にある球形の部分が組み合わさってできていて、私たちが歩いたり走ったり、さまざまな動作をする際に身体を支えてくれています。

股関節と骨盤は密接に繋がっているため、骨盤の位置がずれると股関節の状態も悪くなって痛みが出たり、歩き方に影響を与えてしまう可能性があります。

出産があるために関節が緩く、骨盤が横に広がっている女性に股関節を痛めてしまう方が多くみられます。

 

【股関節痛の原因】

 

●変形性股関節症

組み合わさっている大腿骨の骨の先端部分や寛骨臼が変形して炎症を起こしてしまうと「変形性股関節症」になります。
次のようなことで股関節の軟骨がすり減ってしまい、起こることがあります。

 

●加齢

加齢により関節の摩耗が進み、更に骨の強度も落ちるため中高年の方に発症することが多くみられます。

 

●股関節の負荷

日々の姿勢や動作、歩き方などによる股関節への負荷が積み重なることで軟骨がすり減ってしまい発症することがあります。

 

●柔軟性の低下

股関節の柔軟性が低下すると可動域が狭くなり、その狭くなった分を無理な動きでカバーしようとしてしまうため、結果股関節への負荷が大きくなってしまい発症に繋がります。

 

●オーバーユース

オーバーユースとは「使い過ぎ」のことを言います。
スポーツなどで股関節周辺の筋肉を繰り返し使いすぎると、軟骨が摩耗したり筋肉疲労が積み重なって炎症を起こしてしまうことがあります。

 

●お尻の肉離れ

マラソンや激しい運動で無理な体勢をとったり急な衝撃が与えられるなど、お尻の筋肉に負荷がかかることで肉離れを起こしてしまい、お尻や股関節周辺に痛みが生じることがあります。

 

●婦人科系の病気

子宮筋腫子宮内膜症卵巣腫瘍といった婦人科系の病気になると股関節周辺の神経を圧迫したり、炎症を起こして股関節付近に痛みが出ることがあります。

股関節で最も多い「変形性股関節症」について

股関節痛はさまざまな原因で起こりますが、数ある原因の中でも最も多いものが「変形性股関節症」です。
変形性股関節症は加齢や日常生活の積み重ねで発症・進行していくため、実は身近な症状であるのです。

 

【変形性股関節症について】

 

股関節の軟骨が傷んですり減ってしまうと少しずつ骨が変形していき、関節の周りの組織が炎症を起こしてしまいます。

 

●症状

初期は股関節に軽い違和感を覚える程度の症状で、股関節やその周辺のおしりや太ももなどに痛みが出ることもあります。

変形が進むと痛みが慢性化し、痛みで股関節が動かしにくくなって歩行など日常動作に支障をきたしてしまうことも多くみられます。

さらに症状が進み末期になると痛みがひどく、動かさなくても痛みが出るようになり、夜寝ていても痛みが続くこともあります。
そうなると長時間歩くことはもちろん、立っていることすらつらくなってしまいます。

 

●特徴

立ち上がりや歩き始めなど動作の始めに太ももの前か横あたりに痛みが出ることが特徴です。
また、両足に長さの違いが出ることがあります。

 

●発症しやすい年齢

変形性股関節症の年齢についての研究はまだ少ないのですが、現在の平均発症年齢は50歳で主に発症しているのは40~50代の方だと言われています。

 

【股関節痛の対処法】

 

●日常生活の中で股関節への負担を減らす

早足長時間の歩行は股関節に負担をかけてしまうため、できるだけゆっくり歩き適度に休憩を挟みましょう。
正座やあぐらなどの股関節を深く曲げる座り方も控えた方がよいでしょう。
重い荷物を持ったり、片手で荷物を持つことも股関節への負担になります。リュックやカートを使うことがおすすめです。

 

●生活スタイルの変更

トイレや椅子、ベッドなどを和式から洋式のスタイルに変更しましょう。
和式に多い、足を深く曲げたりその状態から足を伸ばす動作は股関節の軟骨に大きな負担がかかり、傷みやすくなります。

 

●股関節のストレッチをする

痛いからと言って動かさずにいると股関節の筋力や柔軟性が低下し、ますます動きが悪くなって症状の進行に繋がります。
簡単なストレッチを毎日続けるようにしましょう。

①床にあおむけになり、ひざを直角になるように曲げます。

②片側のひざを伸ばして上げられるところまでゆっくりと上げ、8秒程度止めてからゆっくり元に戻します。

③反対側の脚も同じように行い、左右10回ずつを1セットとして1日3セット行いましょう。

痛みがひどい場合はストレッチを中止し、安静にするようにしてください。

 

【股関節痛の予防法】

 

●普段の姿勢を見直す

猫背反り腰などの悪い姿勢をとっていると身体のバランスが崩れ骨盤がゆがみ、股関節にも偏った負荷がかかります。
骨盤がゆがむと股関節にも影響が出てしまいます。すでに骨盤がゆがんでいる方は骨盤矯正を受けることもよいでしょう。

 

●肥満を解消する

体重が重いと、股関節にもその分の負担余計な負担がかかってしまいます。まずは食事と運動で減量しましょう。

 

●股関節周辺の筋肉をほぐす

筋肉は硬くなると関節を圧迫してしまい、股関節の可動に影響を及ぼしてしまうことがあります。
日頃からストレッチや適度な運動をして股関節周辺の筋肉をほぐすことを意識しましょう。

ジェッツ市川整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節の痛みは、姿勢の悪さや歩き方のくせなどが影響していることが多いです。
当院では、患者さんからのヒアリングや姿勢分析、歩行姿勢の分析などを行い原因を見極めていきます。
また、患者さんお一人おひとりの症状に合わせてCMC筋膜ストレッチ(リリース)や骨盤矯正を行い、筋緊張の緩和や骨盤を本来の位置へ戻して股関節への負荷を緩和していきます。

 

 

 

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。
経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。
内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

 

■テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。
テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。
張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

 

■骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。
骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。
エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

 

■カッピング

カッピングを実施することで、筋肉の柔軟性を取り戻し、循環改善による代謝アップも見込めます。
プラスチックのカッピング容器を患部に当てて、真空ポンプでカップ内の空気を抜き、筋肉を内から外へと吸い出します。
その際に毛細血管から出血を伴うため、しばらくの間(2日~10日程度)あざのような痕が残りますが、その色を確認することで血流の滞り具合を確認することができます。
急激に循環が変化すると脱水症状に似た症状も起きやすくなりますので、施術後はたくさん水を飲んでください。

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中