〒272-0034
千葉県市川市市川1-21-4

電話マーク

お電話

メニュー

脱臼 イメージ
見出しアイコン

脱臼

脱臼を放置することは厳禁です

脱臼と言えば、一般的にはスポーツ中などに
転んだりぶつけたりして起こるものがイメージされるかと思います。

 

脱臼は日常生活内でももちろん起こることがあり、自分で対処することが難しく、
一度起こるとくせになってしまうことがある症状です。
また、放置することで元に戻すことが難しくなってしまう症状でもあります。

 

起こしてしまった際、正しい対処ができるようにしておきましょう。

目次

このような悩みはありませんか?

  • 転んで手をついたら脱臼した
  • テニスをしていたら腕に力が入らなくなった
  • 子どもの手を引っ張ったら肘が外れた
  • ボールが指に当たったら後ろに曲がった

脱臼はくせになりやすい症状です

「脱臼」とは、関節を形成している骨が離れてしまうことを言います。
外部からの強い衝撃や関節を酷使したことにより起こることが多いですが
病気によって引き起こされることもある症状です。

肩・肘・顎・股・膝などに起こることが多くみられます。

 

【脱臼の種類】

脱臼には「完全脱臼」と「不完全脱臼」があり、完全脱臼は骨が完全に離れてしまうことを、不完全脱臼は骨がずれてしまった状態のことを言います。
また、脱臼はその原因によっていくつかの種類にわけられます。

・外傷性脱臼

ぶつけたり捻ったりなど、外部からの衝撃によって起こることを言います。

 

・病的脱臼

関節の変形や関節炎などの病的変化が原因で起こることを言います。

 

・麻痺性脱臼

身体に麻痺が起こるとその部分が動かせなくなり、筋肉が萎縮し周囲の靱帯が弱くなるため重力によって脱臼してしまうことがあります。

 

・拡張性脱臼

関節が炎症を起こし、関節内に滲出物が溜まってしまうことで関節包が広がって脱臼を起こすことがあります。

 

・破壊性脱臼

骨の関節面や関節包が破壊されてしまい脱臼を起こすことがあります。

 

【脱臼の症状】

●疼痛

脱臼の際に周囲の組織を痛めることもあり、じんじんとした激しい痛みが起こります。

 

●腫脹・関節血腫

関節内に血が溜まって腫れが起こることがあります。

 

●機能障害

関節が変形した状態のため、動かすことができなくなることが多いです。
肩などの場合力が入れられずだらんとした状態になります。

 

【脱臼はくせになる】

脱臼は一度起こすことで、ストッパーのような役割をしていた組織も元の位置からずれてしまいます。
そのため、2回目からはより弱い力でも脱臼するようになってしまう可能性があります。
また、2回以上脱臼を経験すると、日常生活の中でも肩が外れてしまいそうな感覚になり痛みが起こる「不安定症」になることもあります。

脱臼を自分で対処することは
やめましょう

脱臼をしてしまった場合、多くは自然に回復することはなく
自分で対処しようとすることでさらに悪化を招く恐れがあります。
必ず医療機関や整骨院・接骨院で整復(関節を元の正常な状態に戻すこと)してもらうようにしましょう。
脱臼してしまったら、次のような応急処置を施し、医療機関や整骨院・接骨院に行きましょう。

 

【脱臼の応急処置方法】

 

●RICE処置

R:Rest(安静)
安全な場所に移動し、無理に動かしたりせず患部を安静に保ちます。

 

I:Icing(冷却)
痛みや内出血の軽減のため、保冷剤や氷水をビニールに入れタオルで巻いたものを使って冷やします。

 

C:Compression(圧迫)
内出血や腫れを抑制するため、患部とその周辺を弾性包帯などで巻きながら圧迫します。

 

E:Elevation(挙上)
腫れの緩和のため、患部を心臓より高く挙げます。

 

●固定

脱臼後無理に動かしたりしてしまうことで脱臼がくせになるリスクが上がってしまいます。
三角巾添え木などを利用して患部を固定、もしくは支えてなるべく動かさないようにしましょう。

 

【脱臼の対策方法】

●スポーツ時の対策法

 

・テーピングやサポーターをする
脱臼の恐れがある関節に適切なテーピングを施したり、サポーターなどを利用しましょう。
関節が大きく動いて脱臼することを防ぐ効果が期待できます。

 

・無理な練習を繰り返さない
無理な練習の繰り返しにより関節への負荷が積み重なることで脱臼を起こしてしまうことがあります。
練習メニューや自分のフォームを見直し、関節にかかる負荷を軽減させることが大切です。

 

●日常生活の中での対策法

 

・筋力をアップ する
筋力をつけることで関節の安定性が向上するため、脱臼の予防に繋がります。

 

・脱臼しやすい動きや姿勢を避ける
関節によって”脱臼しやすい”方向や動きがあります。
これを避けることで脱臼のリスクの軽減が期待できます。

ジェッツ市川整骨院の
【脱臼】アプローチ方法

当院では、関節を構成する骨を正しい位置に戻す整復を施します。
その後、脱臼が再発しないように固定をしていきます。

脱臼によって損傷した筋肉や腱、靭帯の修復を促進するために、初期はアイシングと手技による施術を行っています。

固定したことにより周辺の筋肉が萎縮してしまわないように、再脱臼しない程度の運動指導をしています。

 

【脱臼に対する施術方法】

■保険施術

急性外傷という一度の外力(衝撃、捻転力など)によって損傷してしまった部位に適用されます。
TENS(経皮的電気刺激)や罨法(温熱療法、アイシング)、手技などの保険の範囲に定められた最低限の施術を行い自然治癒能力を高めて外傷の回復を促進していきます。

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

著者 Writer

著者画像
高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!

ABOUT US

ジェッツ市川整骨院

住所

〒272-0034
千葉県市川市市川1-21-4

最寄駅

JR市川駅

駐車場

近隣に有料パーキングあり

9:00〜12:00 - -
15:00〜20:00 - -
お電話でのお問い合わせ

047-322-3391

ご予約はこちら
Web予約受付フォーム24時間受付

Treatment guidance

保険施術アイコン

保険施術

外傷性の「打撲」「捻挫」「挫傷(肉離れなど)」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などを使って施術を受けることが可能です。
※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。(応急処置を除く)

肩こりなどの慢性の痛みや慰安目的は保険適用外となります。

基本施術アイコン

基本施術

お身体の原因不明な痛みや、慢性的な痛みに対してのアプローチをご紹介しております。

身体の痛みは全身のバランス調整によって大きく改善できるものがあります。
ゆがみを整えて、身体本来の働きをさせ、痛みの改善を目指しましょう。

ハイボルト療法アイコン

ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。

➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和

以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

特殊固定具アイコン

特殊固定具

骨折、脱臼、重度の捻挫の場合は患部をより強固に固定する必要がるため特殊固定具を使用し組織の回復を目指します。

患部の状態によりギプス包帯やボール紙を使った固定具などを用いて患部を固定します。

経穴(ツボ)へのアプローチアイコン

経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。

経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。

内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

テーピングアイコン

テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。

テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。

張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進< する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

骨格矯正アイコン

骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。

骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

CMC筋膜ストレッチ(リリース)アイコン

CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。

IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。

この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

ドレナージュ(EHD・DPL)アイコン

ドレナージュ(EHD・DPL)

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。

エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

カッピングアイコン

カッピング

カッピングを実施することで、筋肉の柔軟性を取り戻し、循環改善による代謝アップも見込めます。

プラスチックのカッピング容器を患部に当てて、真空ポンプでカップ内の空気を抜き、筋肉を内から外へと吸い出します。
その際に毛細血管から出血を伴うため、しばらくの間(2日~10日程度)あざのような痕が残りますが、その色を確認することで血流の滞り具合を確認することができます。

急激に循環が変化すると脱水症状に似た症状も起きやすくなりますので、施術後はたくさん水を飲んでください。

産後矯正アイコン

産後矯正

産後に骨盤が広がったままで放置してしまうと、服のサイズが戻らなくなったり、骨盤のゆがみから起こる身体の不安定さにより腰痛に悩まされやすくなります。

当院では骨盤を引き締める矯正と、骨盤を安定させるために必要な筋肉の筋力アップのパーソナルトレーニングを実施することにより、骨盤を産前の位置に戻すお手伝いをいたします。
産後1〜2ヶ月後から矯正を受けていただけます。

猫背矯正アイコン

猫背矯正

一言で猫背と言っても、猫背の原因は身体のいたる箇所に潜んでいます。

背中の筋力低下や大胸筋などの筋緊張、骨盤の後傾のために腰椎が後弯、インナーマッスルの筋力低下…とたくさんの原因があります。

当院では、最初に全身の不具合を検査することで猫背の原因を全て洗い出し、一つひとつ解決していくことで正しい姿勢へと矯正していきます。

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

自律神経調整アイコン

自律神経調整

自律神経が乱れていると、頭痛や身体のだるさなどに悩まされやすくなります。

当院では、内臓、指先のツボ、頸部へのアプローチを実施することにより、自律神経のバランスを整えて症状を緩和させるお手伝いをいたします。

EMSアイコン

EMS

EMSはインナーマッスルへのアプローチに特化したEMSを使い、身体の深い部分にある筋肉を刺激することで身体を引き締めたり腰痛を緩和する効果が期待できます。

「むくみを改善したい」「トレーニングが苦手で楽したい」「冷え性を解消したい」などのお悩みでお困りの方に、おすすめな施術です。

交通事故施術アイコン

交通事故施術

交通事故による打撲や骨折、むちうち症状に対して自賠責保険を使用し施術を行うことができます。

むちうち症状は次第に症状が現れ重くなってしまったり後遺症が残ってしまうこともあります。
事故に遭ってしまったら必ず適切な施術を行いましょう。

労災施術アイコン

労災施術

業務中や通勤中に負傷をしてしまった場合に、労災施術を行っております。

保険会社とのやり取りや書類の書き方などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

BACK TO TOP

電話をかけるアイコン

電話をかける

Web予約アイコン

Web予約

LINE公式アイコン

LINE公式

Instagramアイコン

Instagram

メニュー

",