脱臼でお悩みの方へ

脱臼の症状・原因によくある症状

  • 転んで手を
    ついたら
    脱臼した

  • テニスをして
    いたら腕に力が
    入らなくなった

  • 子どもの手を
    引っ張ったら
    肘が外れた

  • ボールが指に
    当たったら
    後ろに曲がった

脱臼を放置することは厳禁です

脱臼と言えば、一般的にはスポーツ中などに
転んだりぶつけたりして起こるものがイメージされるかと思います。

 

脱臼は日常生活内でももちろん起こることがあり、自分で対処することが難しく、
一度起こるとくせになってしまうことがある症状です。
また、放置することで元に戻すことが難しくなってしまう症状でもあります。

 

起こしてしまった際、正しい対処ができるようにしておきましょう。

脱臼改善メニュー Recommend Menu

脱臼はくせになりやすい症状です

「脱臼」とは、関節を形成している骨が離れてしまうことを言います。
外部からの強い衝撃や関節を酷使したことにより起こることが多いですが、病気によって引き起こされることもある症状です。
肩・肘・顎・股・膝などに起こることが多くみられます。

 

【脱臼の種類】

 

脱臼には「完全脱臼」と「不完全脱臼」があり、完全脱臼は骨が完全に離れてしまうことを、不完全脱臼は骨がずれてしまった状態のことを言います。
また、脱臼はその原因によっていくつかの種類にわけられます。

 

・外傷性脱臼

ぶつけたり捻ったりなど、外部からの衝撃によって起こることを言います。

 

・病的脱臼

関節の変形や関節炎などの病的変化が原因で起こることを言います。

 

・麻痺性脱臼

身体に麻痺が起こるとその部分が動かせなくなり、筋肉が萎縮し周囲の靱帯が弱くなるため重力によって脱臼してしまうことがあります。

 

・拡張性脱臼

関節が炎症を起こし、関節内に滲出物が溜まってしまうことで関節包が広がって脱臼を起こすことがあります。

 

・破壊性脱臼

骨の関節面や関節包が破壊されてしまい脱臼を起こすことがあります。

 

【脱臼の症状】

 

●疼痛

脱臼の際に周囲の組織を痛めることもあり、じんじんとした激しい痛みが起こります。

 

●腫脹・関節血腫

関節内に血が溜まって腫れが起こることがあります。

 

●機能障害

関節が変形した状態のため、動かすことができなくなることが多いです。
肩などの場合力が入れられずだらんとした状態になります。

 

【脱臼はくせになる】

 

脱臼は一度起こすことで、ストッパーのような役割をしていた組織も元の位置からずれてしまいます。
そのため、2回目からはより弱い力でも脱臼するようになってしまう可能性があります。
また、2回以上脱臼を経験すると、日常生活の中でも肩が外れてしまいそうな感覚になり痛みが起こる「不安定症」になることもあります。

脱臼を自分で対処することはやめましょう

脱臼をしてしまった場合、多くは自然に回復することはなく、自分で対処しようとすることでさらに悪化を招く恐れがあります。
必ず医療機関や整骨院・接骨院で整復(関節を元の正常な状態に戻すこと)してもらうようにしましょう。

 

【脱臼の応急処置方法】

 

脱臼してしまったら、次のような応急処置を施し、医療機関や整骨院・接骨院に行きましょう。

 

●RICE処置

R:Rest(安静)
安全な場所に移動し、無理に動かしたりせず患部を安静に保ちます。

 

I:Icing(冷却)
痛みや内出血の軽減のため、保冷剤や氷水をビニールに入れタオルで巻いたものを使って冷やします。

 

C:Compression(圧迫)
内出血や腫れを抑制するため、患部とその周辺を弾性包帯などで巻きながら圧迫します。

 

E:Elevation(挙上)
腫れの緩和のため、患部を心臓より高く挙げます。

 

●固定

脱臼後無理に動かしたりしてしまうことで脱臼がくせになるリスクが上がってしまいます。
三角巾添え木などを利用して患部を固定、もしくは支えてなるべく動かさないようにしましょう。

 

【脱臼の対策方法】

 

●スポーツ時の対策法

 

・テーピングやサポーターをする
脱臼の恐れがある関節に適切なテーピングを施したり、サポーターなどを利用しましょう。
関節が大きく動いて脱臼することを防ぐ効果が期待できます。

 

・無理な練習を繰り返さない
無理な練習の繰り返しにより関節への負荷が積み重なることで脱臼を起こしてしまうことがあります。
練習メニューや自分のフォームを見直し、関節にかかる負荷を軽減させることが大切です。

 

●日常生活の中での対策法

 

・筋力をアップ する
筋力をつけることで関節の安定性が向上するため、脱臼の予防に繋がります。

 

・脱臼しやすい動きや姿勢を避ける
関節によって”脱臼しやすい”方向や動きがあります。
これを避けることで脱臼のリスクの軽減が期待できます。

ジェッツ市川整骨院の【脱臼】アプローチ方法

当院では、関節を構成する骨を正しい位置に戻す整復を施します。
その後、脱臼が再発しないように固定をしていきます。

脱臼によって損傷した筋肉や腱、靭帯の修復を促進するために、初期はアイシングと手技による施術を行っています。

固定したことにより周辺の筋肉が萎縮してしまわないように、再脱臼しない程度の運動指導をしています。

 

 

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中