腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 常に腰痛が
    ある状態だ

  • 腰にしびれを
    感じること
    がある

  • 痛くて腰が
    動かしにくい

  • 腰が痛くて
    姿勢が悪く
    なってしまう

国民病とも言える「腰痛」

腰は身体の中心にあるため、負担のかかりやすい部位となっています。

 

身体のバランスが崩れたり骨盤がゆがんだり、
それにともなう姿勢の乱れなどが原因となって腰痛が引き起こされることが多くみられ、
そのため現代の日本では5人に1人が腰痛に悩まされているとも言われています。


この国民病ともいえる腰痛を改善するためにはどうしたら良いのか、
日常生活の中で行える対策法を考えていきましょう。

 

腰痛改善メニュー Recommend Menu

腰は多くの負担がかかる部位

 

腰は上半身を支えて下半身からの衝撃を受け止める、身体のバランスを保つ役割をしています。
大切な役割を担う腰ですが、人間は二足歩行をするようになったことで腰に大きな負担がかかるようになってしまいました。
立っているだけでも体重の1.5倍から2倍の負荷がかかり、さらに腰は捻ったり反ったりねじったりなどの身体の中心としての動きをすることで負荷が大きくなります。
これらの負担が積み重なることで「腰痛」を引き起こしてしまいます。

 

【腰痛の原因】

 

腰痛の原因は日常生活の中にあることが多くみられます。
しかし、病気やケガによって引き起こされている可能性もあるため、自分の腰痛の原因は何なのかをしっかりと見極めることが大切です。

 

●股関節が上手く使えていない

股関節は、歩いたりしゃがんだりといった日常生活のさまざまな動きをするために欠かせない重要な関節です。
その股関節がうまく使えていないと骨盤にゆがみが生じ、それを補うために腰や背中が丸まるようになるため腰への負担が大きくなり腰痛のリスクが高まってしまうと考えられます。

 

●姿勢の悪さ

姿勢が悪いと身体を支えてくれている骨盤インナーマッスルがゆがんだり衰えたりしてしまい、支えきれなくなった分の負担が腰にかかってしまいます。
その結果、腰痛に繋がります。

 

●ストレス

ストレスを溜めこんでいると自律神経に影響を及ぼし、血流が悪くなるため腰痛の発症にも繋がります。
また、身体を守るために痛みを感じなくする物質を放出する機能がストレスによって上手く作用しなくなることで、腰痛が悪化したり慢性化したように感じてしまうことがあります。

 

●病気やケガ

腰痛は次のような病気やケガが原因で起こっていることがあります。

・ぎっくり腰

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰椎椎間関節症

・腰部脊柱管狭窄症

・脊柱分離症、すべり症

腰の痛みの他にしびれなどを感じる場合は病気である可能性があります。

日常生活の中で腰痛は対策できます

 

腰は生きているだけで負担のかかってしまう、使わないわけにはいかない部位です。
そのため腰痛の改善を目指すためには「腰の負担を減らすこと」「積み重なった負担を解消すること」が大切になります。
ここまでみてきた腰痛の原因を元に、日常生活の中で行える腰痛対策をご紹介していきます。

 

【腰痛の対策方法】

 

●姿勢を正し、身体のバランスを整える

まずは姿勢を正す意識を持ち、くせになっている猫背反り腰などの姿勢は改善するようにしましょう。

腰に一番負担がかかると言われているのは座っているときです。
椅子に座るときはお尻をグッと一番後ろにつけて骨盤を立てた状態で固定させ、あごを引いて背筋を伸ばします。
しっかりとかかとを床につけて、リラックスしながらその状態をキープできるようにしましょう。

同じ姿勢を長時間続けることや、利き腕・利き足などいつも決まった方ばかり使うことも身体に偏った負担がかかり、バランスが崩れる原因となります。
デスクワークなどの際はこまめに休憩を挟むなどして身体を動かすようにし、身体全体をバランスよく使えるよう意識して生活しましょう。

 

●筋トレやストレッチの習慣をつける

腰を支えてくれるインナーマッスルである腹筋背筋を鍛えたり、歩く時に安定感を与えてくれるお尻や股関節の筋肉を鍛えることで腰への負担の軽減に繋がります。
また、特に下半身の柔軟性が低いと、下半身の動きが悪い分を補おうとしてしまい腰への負担が増してしまいます。
腰周りはもちろん、足首や股関節のストレッチをする習慣をつけることがおすすめです。

 

●血行を促進する

腰への負担が積み重なると、周辺の筋肉が緊張して硬くなります。
これを解消するためには血行を促進することがよいでしょう。
血行が促進されると筋肉の緊張がほぐれ、残留している疲労物質などが排出され、腰の負担の解消・疲労回復に繋がります。
血行促進には食事・運動・入浴(身体を温める)などが効果的だと言われています。
温かい料理や身体を温める作用のある生姜などを摂り、身体を動かす習慣をつけ、短い時間でもしっかり湯船に入るようにしてみましょう。

 

 

ジェッツ市川整骨院の【腰痛】アプローチ方法

腰痛は、男女問わず多くの方がお悩みの症状です。
腰痛の原因は多岐に渡り「下肢の筋肉の不調」「インナーマッスルの不調」「ヘルニアなどの疾患によるもの」などさまざまです。
当院では、腰痛の原因を見極めるためにヒアリング、検査、姿勢分析を行います。
その結果得られた知見を総合的に判断して、原因を特定しハイボルト療法やCMC筋膜ストレッチ(リリース)、楽トレなどを用いて腰痛の痛みの軽減を目指します。

 

 

 

【腰痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法に期待できる効果は主に3つあります。
➀痛みが発生している箇所の炎症物質の分泌を抑制することで痛みを緩和する「神経ブロック」に似た効果
➁高圧電流を体内に流すことで、神経上を電気が流れることにより神経伝達の促進を行い、身体の動きやすさを向上
➂高圧電流で皮膚のバリアを突破して、深部にあるインナーマッスルまで到達して活性化、患部を安定させて痛みの緩和
以上の3つの効能で、急性でも慢性でも身体の痛みを大幅に緩和することを目指すマシンとなります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

当院では東洋医学的なアプローチも施術に取り入れています。
経穴への刺激は、体性-内臓反射という原理に基づいて皮膚や筋肉に刺激を入れることで内臓の働きを活発にします。
内臓の働きに不調があると、内臓の近くの筋肉が筋性防御という反応を起こして緊張を高めてしまいます。
この反応を内臓から解消することによって、身体の痛みを取り除いていきます。

 

■テーピング

帯状のテープを使って捻挫や肉離れの患部を覆うように張り付けて、関節の保護や筋肉の保護を行う施術です。
テーピングの用途は関節の動きを制限することで、痛みを抑制するだけではありません。
張力をあえて弱くすることにより皮膚と筋肉との間に隙間を作り出し、リンパの流れを促進したり、毛細血管の血流を促進することでケガの回復を促進する使い方もあります。
ケガの箇所や程度をみながら適宜テーピングの種類を変更して、早期回復をお手伝いします。

 

■骨格矯正

身体のゆがみの多くは骨そのものがゆがんでいるわけではなく、筋肉バランスの悪化によって筋肉が付着している骨を引っ張ることで、関節にねじれが生じています。
骨格矯正を行うことで関節のねじれを矯正して、ねじれにより生じた二次的な筋肉の緊張を解放することで関節周辺の痛みの緩和を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

当院では筋膜リリースをIASTMにて実施しています。
IASTMとは(Instrument-Assisted Soft-Tissue Mobilization 器具を使用した軟部組織のリリース)の略称のことで、欧米のスポーツ選手が手術後に筋肉のパフォーマンスを早期回復させるために使われ始めました。
この筋膜リリースを実施することで、筋肉の緊張緩和はもちろんのこと、捻挫した靭帯組織の回復促進や繊維組織の癒着の除去などを実現し、筋肉を本来のパフォーマンスへと回復させていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

DPLはDeep Press Lymph drainage(深く押すリンパ流し)の略称で、足裏から膝裏までの領域にオイルを使ったケアを行い、循環改善や老廃物の滞留によるむくみ・冷えの解消を目指すメニューです。
エステサロン等で実施されている心地よいリンパ流しとは異なり、短時間で劇的に足のむくみを取り除き、軽くする効果が期待できます。
多少痛みを感じられることはありますが、施術後はきっと笑顔になっていただけます!

 

■カッピング

カッピングを実施することで、筋肉の柔軟性を取り戻し、循環改善による代謝アップも見込めます。
プラスチックのカッピング容器を患部に当てて、真空ポンプでカップ内の空気を抜き、筋肉を内から外へと吸い出します。
その際に毛細血管から出血を伴うため、しばらくの間(2日~10日程度)あざのような痕が残りますが、その色を確認することで血流の滞り具合を確認することができます。
急激に循環が変化すると脱水症状に似た症状も起きやすくなりますので、施術後はたくさん水を飲んでください。

 

■猫背矯正

一言で猫背と言っても、猫背の原因は身体のいたる箇所に潜んでいます。
背中の筋力低下や大胸筋などの筋緊張、骨盤の後傾のために腰椎が後弯、インナーマッスルの筋力低下…とたくさんの原因があります。
当院では、最初に全身の不具合を検査することで猫背の原因を全て洗い出し、一つひとつ解決していくことで正しい姿勢へと矯正していきます。

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

著者 Writer

著者画像
院長:高木 裕二郎(たかぎ ゆうじろう)
主な特徴:顔が大きい
生年月日:9月27日
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、ウインドサーフィン、ドライブ 
好きな言葉:筋肉は裏切らない!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ジェッツ市川整骨院
住所〒272-0034 千葉県市川市市川1-21-4
最寄:JR市川駅
駐車場:近隣に有料パーキングあり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院 公式SNSアカウント ジェッツ市川整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ジェッツ市川整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中