当院の紹介 院長の紹介 治療内容 スポーツのケガ 院からのお知らせ 患者さんの声 よくある質問 お問合せ トップページへ 整骨院で働いてみませんか?
ジェッツ市川鍼灸院
として鍼や灸による治療も
お受けしています。
千葉ジェッツのメディカルパートナー
2019. 3. 1
靴選び
靴選び難しいですね。
競技スポーツとしてやっている場合はスパイクやバスケットボールシューズのように競技用の靴を選んでいると思いますが、一般の方がジョギングやウォーキングをする場合はどうでしょうか?
スポーツシューズやウォーキングシューズを履いて歩いているでしょうか?
運動ごとにあった靴というのがあるので、しっかりと選んでいただきたいです。
次に靴を買うときはどのようなタイミングで買っていますか?
毎日運動するのつであればどんなに長くても半年ごとくらいには買い換えてほしいと思います。
アッパーと呼ばれる甲の部分やソールと呼ばれる底の部分は、半年も経つと劣化してきて本来の機能を発揮出来なくなります。
また成長期の子供では足の成長もあるので、定期的なサイズ確認も必要です。
また靴を買うときは買う場所も大事です。
今ではネットで買っている方も多いと思いますが、靴を買うときは一度履いてみてサイズが合っているのかをみてから買ってほしいと思います。
選ぶ時は出来れば専門的にサイズ合わせをしてくれるお店がいいと思います。
一般的に靴を選ぶ時にきつくない緩めの靴を選ぶ傾向があるみたいですので、しっかりと自分の足に合った靴を選ぶことが大切です。
またスポーツ選手であれば、デザインで選ばず自分のレベルに合った靴選びが大事です。
ジュニアにはジュニア用、初心者には初心者用、上級者には上級者用とレベルに合った物を履かないとケガや痛みの原因となってしまいます。
地面と足の間で全体重を支えるのは靴です。
いいパフォーマンスを発揮するために靴選び大切にして下さい。
靴選び分からない時はアドバイス出来ると思いますので、聞いて下さいね!

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 2. 1
身体を温めましょう
一番寒いこの時期。
身体を冷やさないようにしましょう。
冷えは万病のもととなります。
冷えると血流が悪くなり、体温が下がり免疫力が下がってしまいます。
身体温めるためには色々な方法があると思いますが、紹介していきます。
一つは首まわり、マフラーやネックウォーマーを使うこと。
首まわりに巻くことによって体感温度は4度くらい変わるそうです。
外出の際はマフラーやネックウォーマーを使ってみてください。
次に食事ですが、基本的には火を入れたものを中心に食べること。
根菜類や生姜なども身体を温める食材なので良いと思います。
また味噌汁などの汁物もお腹の中から温められるのでお勧めです。
生野菜やお刺身は身体の熱を奪う食材です。
この寒い時期は避けると良いと思います。
食べ物には旬のものがあります。
夏の食材は身体を冷やし、冬の食材は身体を温めると考えると良いと思います。
次に一番効果的な入浴です。
一人暮らしの方などはシャワーで済ませてしまう方もいると思いますが、湯船にはぜひとも浸かってください。
40度くらいのお湯に肩まで10分くらいで身体は温まってきます。
長い入浴は必要ありません。
毎日10分浸かるだけで体温が上がってきます。
時間がない現代ですが、毎日10分で体温を上げ免疫力を上げると病気の予防にもつながります。
めんどうくさがらず行ってみてください。
効果が簡単に分かると思いますよ。
身体が冷えることは病気の始まりとも言います。
冷えない生活習慣を作っていきましょう。
当院の治療でも温める治療や冷え改善の治療も行っていますので、お困りの際はご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 1. 15
休みの過ごし方
新年明けましておめでとうございます。
平成最後の年ですね。
良い年となることを願っています。
お正月はお休みだった方が多いと思います。
休み中はどのように過ごしていましたか?
スポーツをやる学生も社会人の方も休みの過ごし方はどのように過ごしたかで、後々いろいろな差が出てきます。
休みの過ごし方いろいろあると思います。
用事があって出かける方。
日頃出来ない家のことをやる方。
ダラダラ寝る方。
さまざまな過ごし方があります。
休みの一番の目的は日頃の疲れをとることだと思います。
それは肉体的な疲れはもちろん、精神的な疲れをとることも大事だと思います。
肉体的な疲れをとるにはダラダラ寝ることもいいのですが、軽めの運動をすることをお勧めします。
ウォーキング、サイクリング、ヨガなどゆっくり出来る運動をすることによって血行を良くすると疲労回復に効果があります。
また平日お風呂にゆっくり浸かれない方は、休みの日はゆっくりお風呂やサウナなども良いと思います。
精神的な疲れをとるにはいつもしている運動や仕事から離れることです。
ここではどこかに出かけるのも良いですし、友達などに会うのも良いと思います。
少しの時間でも日常から離れることが、精神的な疲れをとるには良いと思います。
現代人は常に疲労感を持っている人が多いと言います。
疲れは溜まりすぎるとパンクし活動できなくなります。
スポーツ選手では大きなケガにつながったり、社会人では精神的疾患になってしまったりします。
活動する時はしっかり動いて、休むときはしっかり休む。
2019年楽しく行くためにメリハリをつけていきましょう!
2019. 3. 1
膝の曲げ伸ばしがツライ。小さな段差でつまずく。
それは、足腰の衰えのサインかも…

「膝周り」トレーニング 10回
・イスに座り丸めたタオル両膝に挟む
・タオルを潰す様に両膝に力を入れる
・5秒キープ、元に戻す

「脚上げ」トレーニング 左右各10回
・イスに深く腰かけ、両足を揃えて90°曲げる
・片脚をゆっくり上げる
・伸ばした状態を5秒キープ、元に戻す

「踵上げ」トレーニング 10回
・イスの背を両手で掴んで立つ
・両足の踵をゆっくり上げる
・10秒静止しゆっくりと踵を下ろす

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 2. 19
受付時間変更のお知らせ
2/27(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 2. 1
冬場の膝は筋肉や関節が硬くなりがち。
動きの悪さは冷え症やケガのもと!

「大腿筋膜張筋」ストレッチ
・イスの背につかまる
・爪先を外側に向け足を横に広げる
・反対側も同様に

「大殿筋」ストレッチ
・仰向けになり片足を抱える
・膝を胸に引き寄せ30秒キープ
・反対側も同様に

「大腿四頭筋」ストレッチ
・膝に負担のない場所でうつ伏せになる
・片足の膝に枕を敷く
・足の甲を掴みお尻に引き寄せ20秒キープ
・反対側も同様に

各動作をゆっくり行い、伸び感を意識しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 1. 15
受付時間変更のお知らせ
1/31(木)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━━━━━
2019. 1. 15
今年は運動をガンバル!
そのヤル気を膝の痛みに邪魔されないように…
50代から注意したい、変形性膝関節症
関節軟骨のすり減り・変形による膝の機能障害。

膝のオーバーユースに起因する、腸脛靱帯炎(ランナー膝)
屈伸運動の連続による腸脛靭帯の炎症。
スキー・スノーボードで発症することも!!

転倒などで発生する、膝関節捻挫
急な衝撃や負荷で靭帯や腱などの軟部組織を損傷。

運動をはじめるその前に…
動ける身体づくりは整骨院にお任せください!

ジェッツ市川整骨院のコンテンツの紹介

アクセス
 ジェッツ市川整骨院
 〒272-0034
 千葉県市川市市川
 1-21-4
 TEL: 047-322-3391
 詳しい地図はこちら
月〜金 am9:00〜12:00
pm3:00〜8:00
土曜日 am9:00〜12:00
pm2:00〜5:00
休診日 日曜・祝日

交通事故の施術も行っています

ジェッツ市川整骨院整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることもあります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、047-322-3391 までお電話ください。